斉藤 謙司 <kenji saito>

Starting from 2009
member file #11


まず、お目にかかれることはないだろう!遊音祭には、
頑なに!出ません!ヾ(〃^∇^)ノ まぁそういうの苦手な
人っていますのでw良しとしていますv自由参加ですし
それ以上に、やることができていてかなり進んでいると
いう事実があれば◎です。ゆえに当館最高の科であるク
リエイト科に所属しているのです。萱津君と同じバンド
で活動していた時期もあったのですが、当時門下生では
ありませんでした。バンドメンバーは全員通っていたの
でそんな流れから自然と通うことに、、しかしのちにバ
ンドは脱退。。。。っという事はレッスンどうする?通
い続けるのか、そのまま辞めるか、、、彼は続けると判
断した。私は作品作りを薦めた。しかし作り方がわから
ない、という事でセッションからスタートし、そのまま
作曲へとつなげたのだ!初作品はたったの2コード!分
数は1分ちょっと、ドラムは自分で叩き録音!ギターを
何本か重ねた。こんなやり方だったが見事な曲になった
のだ!もちろんホームページから聴くことができるので
視聴してみてください。今では曲数も増え、かなりハイ
クオリティなアレンジで録音されている。前回の曲はベ
ースも自分でプレイするなどして、こだわりの逸品とな
りましたv にしても・・・不思議です。この当時の出
会いを第一期と考えていますが、まさか通わないだろう
・・・すぐにやめてしまうだろう、と思っていた人達が
10年以上または10年近く続きクリエイト科に所属し
ている ( ̄ー ̄?)出会った時期が一緒の萱津君、穴澤
君も然り。彼らと一緒にいた同メンバーはすでにいない
しかも辞めてしまった人達の方がやる気があるように見
えたのだ!更にいろいろな事を伝授しやすかったはず、
ところが今考えると斉藤君を含めたこの3名は結果とし
て伝授できていて、成長もできていて、絆や信頼関係も
生まれた。当時のやる気が会った人達は結局テンション
ばかりが高く伝授もできず成長率も悪かったのだorz
いずれにせよこの3名は誇りであり、もう何も言わなく
ても理解してくれているっという事なのだ!彼もまた門
下生ではあるが、共に音楽制作をしている仲間でもある
1人なのです!



紹介ページへ


Copyright (C) 1995-2017 遊音館 All Rights Reserved